読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せすぎるのも不幸だね

ただただ愛を叫ぶ場所

おかえり、ただいま、またいつか。

 

2016年8月7日、長野県のM-WAVEという会場で嵐のライブを見てきたよ。

 

 

すごく、すごく、感動した。

すごいエンターテイメントを見た。

 

 

 

嵐が最後にアリーナツアーをやったのは9年前の2007年で、その頃のスケジュールを見てみたら、5日連続横浜アリーナで8公演とかこなしていて、強いなぁと思った。延べ28日、48公演という果てしない数。そのうちドームは2日間の東京ドーム2公演だけで、あとは総合体育センター(北海道)であったり、産業展示館(石川県)であったりと、本当に色んなところでパフォーマンスをしていた。

 

そこでこの機会に少し昔を振り返ってみると、10周年の記念ライブとなった5×10ツアーのパンフレットで松本くん、櫻井くんがこんな事を言っている。

 

松本「実際、今回もギリギリまでアリーナツアーができないか?っていうのはずっと検討してたから。俺が本来、一番やりたいことでもあったし。やっぱり、国立だったり、ドームツアーだったり、アジアでやらせてもらったりとか・・・ステータスとしては上がると思うんだ。そして、それは俺、いいことだと思うの。でも、それだけじゃないし、応援してきた人達は、今回の5都市以外にもたくさんいるのはもちろん承知してるし、そういう人達のところに・・・感謝っていう意味では、行くべきだと思うんですよ。行きたかった。俺らの方から、みんなのところへ。」

 

櫻井「俺らの想いとして"より多く、より近く"ツアーができるように、ほんとにずっと模索してきたの、この1年。だから、ファンの人達にも勘違いしてほしくないんだけど、俺らも別にドームでやること、国立競技場でやることだけを、もろ手を挙げて万々歳だとは思っていなくて・・・。それは、本当にすごいことでありがたいことだとは思うけど、俺らはデカい会場だったり、記録だったり・・・ってのを目標にやってるグループじゃないから。そこに価値を置いているわけじゃないんだってことだけは、絶対に理解しておいてもらいたくて。」

 

そして今年のアリーナツアーのパンフレットでは大野くんがこう言っている

 

大野「アリーナツアーをやりたいっていうのは、昔からずっと言ってたことだったから。10周年の時に、たぶん・・・みんな本気でやりたかったんじゃないかな?でも、いろんな状況とタイミングが合わなくて叶わなかった。だから今回、"念願の"ってことだし。やっぱりね、それぐらい思い入れがあるんだと思うよ。最初にコンサートをやらせてもらったのはアリーナだし、嵐はそこから始まってるからね。」

 

 

"ずっとやりたかった、念願のアリーナツアー"

"嵐はそこから始まってるから"

 

正直、私は嵐が9年前に行っていた公演は見ていない。だから「おかえり」という権利も、「ただいま」と言われる権利も多分無い。でも、それでも私だって待っていた。私が知っているのはドームでの嵐であって、毎回想像の上を超えてくるそんなエンターテイナーがどんなものをアリーナで見せていたのか。ずっとずっと知りたかった、見てみたかった。

 

今年のアリーナツアーのパンフレットで私が1番グッときたのは二宮くんの言葉。

 

「我々が、ただ効率を求めてドームに行ったんじゃないってことを分かってもらえる、貴重な機会になるといいなと思います。」

 

1度にたくさんのお客さんに見てもらえるからドームでやっているのではなくて、ドームでしか見せられないものを披露するからドームでツアーする。そして今回だって、色んな大きな会場での経験を踏まえてこそできる、アリーナツアーでのパフォーマンス。それぞれ会場の大きさに合わせて、どんな方法が1番お客さんの心に響くのかを真剣に考えている。ライブの途中で嵐が、広い広いって会場見て言ってた。国立競技場や東京ドームを経験したって、当時ツアーで回っていたアリーナの広さは忘れてない。ここのアリーナは広いよね、うんすごい広い。

 

 

そしてパフォーマンスは圧巻であった。参ってしまった。1分足りとも飽きなかった、なんだかすごい空間にいるってずっと思ってた。ライブだったし、ショーだったし、お客さんも演出に参加出来たし、楽しさしかない。衣装も舞台装置もセットも何一つ手を抜いていないし、ちゃんと考えてる。

 

嵐の本気がちゃんと分かる、本気が分かると心が動く、心が動くと涙がでる。

  

 

 

 

実は私は、2015年のTHE DIGITALIANツアーを見てから少し、嵐を離れようと思った。あそこで見た景色が美しすぎて、あの空間が楽しすぎて、もうあれ以上の興奮や感動は絶対に味わえない。この最高の想い出を胸に少し離れそうとそう思った。

 

 

でも違った。

この頃の自分をぶんなぐってやりたい。

だって松本くんだって言ってるじゃないか。

 

 「それと、やっぱりエンターテイメントっていうものの根本は、俺は変わらないと思ってるから。何かを表現して、人が動くことによって、人が何かを感じてくれるっていう、その図式は絶対に変わらないものなんだって俺はそう思うから。嵐のライブ=エンターテイメントってものを信じてる。それは、お客さんを信用していること、スタッフを信用していること、嵐のメンバーを信用していることだと思うんだ。」(5×10ツアーパンフレットより)

 

この人達はいつだって、どんなときだってスタッフを、お客さんを、そしてメンバーを信じて自分達が見せられる最高のパフォーマンスをしてくれる。

 

 

嵐が信じてやまないエンターテイメントを、君ももっと信じて。

きっと君は1年後、またもっと凄いものをみるんだよ。