読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せすぎるのも不幸だね

ただただ愛を叫ぶ場所

ARASHI "Japonism" Show in ARENA 8/7 昼 長野 M-WAVE

面白いこと、楽しいことがあっても、すぐ忘れる性格ゆえ、その時の感情は文字にしておくのが1番。という事で、覚えている限り8月7日、長野M-WAVEで行われたARASHI "Japonism" Show in ARENAの昼公演について書いておきます。めもめも。

 

ただし、あまり詳しくは覚えてなかったり、もしかしたら勝手に作っている箇所があるかもしれないけど許してね。


じゃあいくよー!!!!
セットリスト順に振り返る。

 

 


1.ただいま
後光がさしながら登場。
かなり長い時間、シルエットしかみえないまま歌唱。歌詞がスクリーンに出されて心にしみる。
嵐が「ただいま」
ファンが「おかえり」と歌い、
「ただいま、この時代を待っていたよ」
なんて歌われたら泣いてしまうに決まっている。

2.A・RA・SHI
3.Oh Yeah!
4.Happiness
トロッコでめっちゃ近くに!!!!!
相葉くんと翔くん、!!!!
人生で1番近い
翔くんはライブの時観客を煽るのがうまいんだけど、今回は近かったので目の前で煽って頂けました。ありがたき幸せ。

 

オープニング映像


昔にタイムスリップした嵐
その、時代を生きる人から刺激を受け
「今を、どう生きる?」と、問われる。

f:id:hina3ta2:20160811021756j:image

f:id:hina3ta2:20160811021802j:image

f:id:hina3ta2:20160811021809j:image


ここまでの数曲がライブだとしたら、ここから始まったものこそJaponism Showかなと思った。

 

5.Sakura
アルバムの1曲目。Japonismを最も象徴している曲だと個人的には思っている。
「いつか僕らが世界を変えていくなら」
「与えられた現在を、託された未来へ」
という歌詞が何となく今の嵐にマッチしているような感じがした。あと、この曲きくとやっぱりどうしても生田斗真くんと小栗旬さん出てきちゃうウロボロス病()

 

6.Japonesque
誇り高きJaponseque、って感じだった(?)
日本らしさを前面に出した圧巻のパフォーマンス。
櫻井翔さんソロパートの『火花散る 踊り明かせ 体揺らせ』が好きすぎてそのシーンになった瞬間、耳を集中させてモニターを凝視。ごちそうさまです、櫻井くん。

 

7.ワイルド アット ハート
イントロが和風にアレンジされていてめっちゃかっこよかった。Japonsequeからの流れが最高

 

二宮くんのソロコーナー、タップダンス
タップして一息
タップして一息
タップして一息
その一息の度にファンが「ふぅ〜!!!!!!」
って言ってたら、二宮くん機嫌良くなって楽しくなったのか一息の時にこらえられず「ふふふ」とか笑い始めて可愛かった笑
そんな二宮くんを見たファンは、次からさらに大きな声で「ふぅ〜!!!!!!」という甘やかし。いや、でも本当にすごくかっこよかった、!!!


8.イン・ザ・ルーム
二宮くんのタップからはじまったこの曲。
えろい。圧倒的にえろい。すげーえろい。
画面に映し出される背景がラブホの壁紙みたいだった。ラブホ行ったことないけど。
「首筋の汗 燃えてしまうまで」の歌詞の所で松本くんがすっげーえろい手つきで自分の首筋を撫でてて「ふぁー!!!!!!」ってなって思わず「えろい(小声)」って呟いた。
あと、櫻井くんの帝王感。赤いソファに座って歌うんですけどほんとにもう、、、。それだけでもえろいのに、深く腰掛けてラップ歌うんですよ、、、「身体を拭えど紅の痕」とか歌うんですよ、はぁ、えろい。ある意味ここが1番テンション上がった(?)

 

9.復活love
相葉事件発生。
マイクを落とし、他のメンバーが普通に踊っている前を屈みながら移動して必死にマイクを追いかける。2人で歌う箇所があって、モニターに2人が映し出されるんですけど、その下になんか若干背中がフレームインしている人がいて、「あれ?そんな振りあったっけ」と思っていたら事件が起きていた。メンバーに散々いじられる。

最後の台詞「おかえり」じゃないだろ!「にの、ごめん」に歌詞変えろよ!
いや、歌詞の世界まで壊したら大変じゃん!ちょっと、後でね後で!!!(てんやわんや)

 

櫻井くんのソロコーナー、ドラムタイム。
右側と左側にアリーナを分けて違うリズムで手拍子。櫻井くんも違ったリズムでスネアドラムを叩く。

「どっちのグループから先やろっか。」
会場全体が「はーーーーーい!!」
「、、、まぁそうなるよね、うん。聞いた俺がバカだったごめん笑」「こっちの人達からやるから、そっちの人達は待っててね〜!」
会場のみんなを褒める櫻井くん「おじょうず〜♡」小さい子に教えるかのように、櫻井くんに甘やかされるヲタク達。さっきくそえろいラップを歌ってた人とは思えない変貌ぶり。
会場全体が一つのリズムを作り出し、Lucky Manへ。

 

10.Lucky Man
手拍子やめるタイミングが分からねぇ、、、
スクリーーーーーーームって言われたけど、いいの?やめちゃっていいの?ふぅー!!!!!!って腕ぶん回していいの?ってなってた。
でもやっぱり、演出に参加できるのは楽しい。参加型Showは飽きないし想い出に強く残る。

 

11.Troublemaker
12.Daylight

 

MC
復活loveでの相葉事件で相当盛り上がる。
二宮くん曰く「今日は相葉くんの日」
二宮くん、大野くん、松本くんが映画の宣伝、櫻井くんがオリンピック特別番組の宣伝。
「明日卓球です、みてね!」

 

13.Everybody前進
9年前、最後のアリーナツアーになっていたTime。そのTimeツアーの最初の曲だったこの曲をやるのはエモすぎ、、、、。私は特に、初めて買った嵐のライブDVDがTimeで、多分初めて買ったのがTimeじゃなかったらここまで嵐にはまっていなかったと言っても過言ではないほどTimeが大好きで、愛していて、嵐のヲタクを続けていく上で、このTimeコンを見に行けなかった事は多分一生後悔し続ける、それくらい本当に大好きなコンサート。しかも今回は、そのTimeコンの映像をスクリーンで流しながらのパフォーマンスで本当に死ぬかと思った、崩れ落ちそうになった。9年前はまだチャラさが残る櫻井くん、イケイケ系だった松本くん、少年のようだった二宮くん、今よりもバカっぽそう(褒めてる)だった相葉くん、ツンツンしていた大野くん、それぞれが9年経って、5大ドーム、国立競技場、ハワイ公演を経験して大きくなってまた同じ曲をこのアリーナで披露してくれるのが嬉しくて、この瞬間を絶対忘れないぞと心に誓った。もう後悔はしたくないんだ、私はこの瞬間を見ていると胸に刻んだ。

間奏のところで大野くん「久々の間奏のダンス!」

みんなとりあえずやるけどぐだぐだ
櫻井くん「覚えてないでしょ笑」


松本くんのソロコーナー、DJ。今回はいつもライブが始まった時にやるお決まりの挨拶がなかったんですけど、その音源をDJの時に流してました。「いらっしゃいませ〜」「今からみんなのこと幸せにします、!!」「ねぇねぇねぇねぇ、盛り上がってんの〜!?」「調子はどうた〜!」「今日はお祭りでぃっ!」
あとはステージ上にある大きなモニターをスマホの画面に見立てて、松本くんがモニターにタッチしたりスライドさせたりすると、みんなのペンライトが光ったり、音にエフェクトがかかったりしてて、聴覚と視覚両方が一気に楽しめた。
個人的に1番好きだったのは、PIKA☆NCHIの時に、「道」を一瞬だけかぶせて流すやつ!!!湧いた、!!!てくてくあ〜るく!!

 

14.I seek

 

15.Disco Star
ここらからソロメドレー。
それぞれ、そのソロを披露した当時のコンサート映像を流しながら。
記憶に新しいDisco Star。

 

16.Rain
相変わらずキレッキレで踊りまくってた、衰えないの素晴らしすぎ、、、。

 

17.秘密
二宮くん以外の4人は、アラフェスの時と同様着ぐるみでパフォーマンスに参加。秘密は会場に来てた人大抵踊ってた、しかし二宮くんの可愛さバグッてる。

 

18.Shake it!
松本くんのも過去の映像出ていたはずだけど、松本くんの事凝視しすぎてて何の記憶もない。双眼鏡を使って、松本くんの腰振りダンスをしっかりと目に焼き付けました。激しい所でこれでもかというくらい「ふぅーーー!!!!」むしろ「ふぉーーーーー!!!」って叫びました。隣にいたお母さんは、32歳男性の腰つきを見てふーふー言ってる娘をどう思ったのかなんて、考える余裕もないくらいイケメンであった。美しい。

 

19.T.A.B.O.O
えろい歌続く。松本くんのソロはポップなえろだけど、櫻井くんのはハードえろ、まじのやつ。当時の映像も強烈で裸っ、、、て感じだけど、今回だって大人の色気すごかったよ、裸じゃないけど、、、裸じゃないけどね、、(残念がってはない)

 

20.三日月
前のステージでパフォーマンスしてたのでひたすら双眼鏡で凝視。双眼鏡で見ると、必ず松本くんに吸い寄せられる。画が強いから遠くから見た時1番映える、劇場型のお顔。彫刻みたい、、、(同じく双眼鏡を使って観察していた母より)

 

21.マスカレード

 

22.Bolero!
相葉くんのパフォーマンスタイム。相葉コールしながらみんなで見守りました、めっちゃかっこよかった〜!!!!シルク・ドゥ・ソレイユ感、!!間違いなくエンターテイナーだったよ、相葉くん!!
そして割とすぐそばに二宮くんきた、!!!!!どんどん上に上がっていく、!!!拝んだ、必死に拝んだ。二宮くん〜!!!

 

23.青空の下、キミのとなり
そして来ました、二宮くんゼロズレありがとうございます。めっちゃ湧きました。私に、ではないけど、あの1列に微笑みかけてくれてありがとう。ゼロズレの時にこっち見ててくれてありがとう。感情が高ぶって、にのみやくん、、、、、すき、、、って思わず呟いたよ。

 

24.miyabi-night

 

25.心の空
miyabi-night〜心の空の流れが完璧だった。心の空で和太鼓でてきて、筋肉むきむきのお兄さんが叩いていた、どちゃくそかっこよい。そしてまた和太鼓が映える曲、!!もちろん、和太鼓をバックにがしがし踊る嵐もかっこいい、まさにこれぞJaponism。

 

26.僕らがつないでいく
本編最後の曲。歌い終わって、捌けた後、ステージのモニターに5人の名前と誕生日が映し出されて、それが5人それぞれの早さで一斉に月日が流れて1999年11月3日で止まった。そしてそこから、2016年8月7日のコンサート終了時間まで同じ早さで5人の月日が流れていった。これからも、同じペースで時が流れていくんだ、一緒に歩いていくんだと思ったら嬉しくて涙が出たよ、ずっと付いていくよ、、、

 

 

 

アンコール
27.Power of the Paradise(新曲)


28.愛を叫べ
ふざけてた、嵐がふざけてた。めっちゃ楽しそうだった。笑
あぁ、これ見たことある〜って思いました。
何歳になってもワチャワチャ楽しそうで、変わらないでほしいなと思った。現実は変わっていくものが多くて、辛くて、切ない事が多いから、せめて嵐のその関係だけは変わらないでほしいなと思った。
あと、愛を叫べの振りを自然とお客さんみんながやるんですけど、親指と人差し指の2本だけ出す振りを嵐に向かってやるのすごく楽しかった。思わずウィンクしてしまいそうなくらいテンションがあがりました。えへへ

 

29.感謝カンゲキ雨嵐
俺らの名前はなんだ、せ〜のっ!!!!!
\(^o^)/「あらし〜!!!!!」
っていう毎公演最後にやるお決まりのこのフレーズ、アリーナだと狭くて時差ないから異常な程声揃ってて感動しました。周りを気にせず大きい声出せる時ってなかなかないから、おもう存分叫びました、満足〜!

 

 

 

 

 

こんな感じです、楽しかったな〜!
あと、地方公演だからか、長野っていう土地がそうさせたのかはよくわからないけど、若い人が少なかった!笑
私のお母さん(だいたい50歳)くらいの人がかなりいましたね、東京ドームとかだったらあんまり無い光景でそれがまた新しかった!

次、嵐に会えるのはいつかな〜!4年後かな〜!オリンピック並だけど大丈夫、嵐を好きでいるのは修行だからってお母さんと話してる。ポジティブでなきゃヲタクなんてやってられないよね〜。好きだからっていう単純すぎるけど、大切な感情を大事に生きていきたいです(突然の宣言)

 

 

そして私は毎日、明日のエンターテイメントを信じて眠ることにします。おやすみ。