読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せすぎるのも不幸だね

ただただ愛を叫ぶ場所

20年

アイドル 乃木坂46

 

 

生田絵梨花さん、20歳のお誕生日おめでとうございます。感慨深いですね、乃木坂46が結成された当初はまだ中学生だったあなたが気が付けば20歳。あっという間だった気もするけれど、振り返ってみると本当に色々な経験を多くしていて、やっぱり長かったような気もします。(誰目線なのか)

 

 

 

今、何を想っているのかな。

明日の朝ごはんの事だろうか。

 

 

 

 

‪節目ですね、20年。‬
‪辛いこと苦しいこと、たくさんあったと思います。10代からスポットライトを浴び、ステージの上に立ち続けるその大変さは私には到底分かりません。分かりたいけれど、想像すらできません。‬


‪もちろん楽しいことも、嬉しい事もたくさんあったと思います。楽しさと苦しさを正確に天秤にかけることなんて出来ないから振り返ってみると楽しかった事の方が強く印象に残っているかもしれません。‬‪また、あなたは努力を決して表に出さない人だから、もし大変な過去があって思い出してもそれを表には出さないでしょう。‬

 

‪それでも、苦しい時は本当に苦しかったと思います。辛い時は本気で辛かったと思います。‬色んなことを乗り越えて今、大好きな音楽と一緒に生きているあなたを見ると、ステージに、私達の前に立ち続けてくれてありがとうと感謝の気持ちでいっぱいになります。‬

 

あなたがアイドルでいる時間があとどれくらいあるかは分かりません。ドラマやミュージカルに出演する時にいつまで名前の後ろに括弧書きで(乃木坂46)と付くのか。乃木坂46のCDを聴いても、あなたの声が聴こえてこないそんな日がいつくるのか。
でも‪私は今、アイドルとして生きてるあなたをみるのがとても楽しいです。あなたを見ていると一緒に笑いたくなるし、一緒に怒りたくなるし、一緒に泣きたくなるし、一緒に喜びたくなります。‬長い人生で見ればきっと、乃木坂46として活動していた期間なんて本当に少しになってしまうのかもしれない。だからこそ、そんな貴重な期間に私はあなたと出会えて本当に良かった。あなたの人生を少しだけ覗かせてもらってるそんな気分で、そのおかげで私の人生はより充実しています。ありがとう。

 

 

これからも健康に気を付けて。

あ、お酒はほどほどにね(経験者は語る)

 

好きなこと続けていけるように、後ろは振り向かずただ前へ進んでいけるように願っています。

 

そしてこの1年。いや、1年と言わずこの先の人生ずっと。

 

幸せでありますように。

 

改めて、

お誕生日おめでとうございます。

 

 

 

 

 

おしまい。 

新しい沼にはまりました

ジャニーズ アイドル CD・DVD Hey! Say! JUMP

 

 

それは、突然の事でした。

大学の畑で作業をしていた時です。

その日の作業は、いつも一緒に居る友達と別のグループになって、まだそんなに話した事の無い女の子達とお話してました。

どんな話の流れかは忘れましたけどアイドルの話になり、私がにやにやしながら話してたら1人の女の子が「私、実はHey! Say! JUMP好きなんだよね〜」とポロッと言ってきたのです。Hey! Say! JUMPは私も昔好きだったので「嵐好きになる前は知念くんが好きだったんだよ〜!」と言うと「ほんと!?私ね、伊野尾くんが好きなの!」と言われました。伊野尾くんといえば(今ちょうど色々ありますけど)、最近テレビや雑誌に出まくっているかわいいお顔の方です。

 

 

そこでつい、魔が差したんです(遠い目)

Hey! Say! JUMPか〜、ライブ見てみたいな〜。DVDとか持ってる?」と軽い気持ちで聞いてみる「ある!!!!!!!貸すよ、最新のやつ持ってくるね!!!!!!」と言ってくれました。忘れもしない、あれはちょうどにんじんの収穫をしている時です。

 

 

 

次の週、その子は約束通りDVDを持ってきてくれました。それが11月25日の金曜日の事。そしてついにやってきますその日が。11月27日の夜、9時頃でしょうか。

 

 

 

死んだ。

JUMPing CARnivalやばいぞ、人殺せるぞ。(過激派)

まず開始15分で耐えきれなくて、DVDを貸してくれた伊野尾担の友達にLINEした。

 

f:id:hina3ta2:20161213093621j:image

 

 

きもい (真顔)

いや〜、きもいね!きもい!めっちゃきもい!

でもね!最高なの、最高なのよ!!!!!

 

とりあえずセットリスト順に、感想書いていい?MC前までにするから!ほんとは全部書きたいくらいだけど、さすがに「何こいつしね♡」とか思われそうだから!!!ね!!!!!いいよね!だって私のブログだし!(開き直り)

よ〜し、紹介しちゃうぞ〜♡♡♡(テンション)

 

 

 

1.ウィークエンダー
い、衣装がファンシー♡かわいい、時計が肩についてる、なんだこの世界かわいいな!!!!!と釘付けに。それに加え、平成生まれの男子達による可愛いの暴力。すげー破壊力なの、まじで!!!!

 

やぶ「YOU達今日は、愛し合おうじゃないか(微笑み)」
うんうん、愛し合う〜♡♡♡♡

 

ゆうと「よこはま〜♡見つめ合う目〜を〜♡」
か、かわいいっ!!!!なんだその笑顔、そんなキラキラしたおめめで見つめないでっ!!!!

 

いのお「So 解けない愛から始まる∞ いのおけいっ!!!」
やまだ「爆笑」
なにこの平和な世界、やまだくんめっちゃ笑うじゃん。まぜて、私もその世界まぜて♡♡♡


このウィークエンダー、ジャニヲタ支持率No.1と言っても過言ではないのでは?と思うほどジャニヲタからの人気が高い。私も元々好きだったけれど、このライブ映像を見て今までの1万倍くらいすきになった。だいすき。特に最後のやまだくんパート

 

やまだ「君にやっと辿りついたスウィート『アンサー(ウィスパーvo)(ウィンク)』」


あ、すき
ってなったまじで。落ちたね、恋に落ちた。
やまだくんなんて、私が小学生の頃からずっと見ていて、パフォーマンスだってその頃から見てたし、言ったらウィークエンダーだって何回も歌番組で見てるのに、たった1回のライブ映像で落ちた。100回の歌番組より1回のライブ映像ですよね、わかります。
しかし、なにあの『アンサー(ウィスパーvo)(ウィンク)』
ふざけてんの!?!?殺す気!?!?!?
おかげでこっちはこの日以来、ふとした日常の中で、私の頭の中の山田が勝手に動き出し、「君にやっと辿りついたスウィート『アンサー(ウィスパーvo)(ウィンク)』」と囁いてくる。助けてくれ。

 

 

2.Come On A My House
くっつきすぎじゃない?ねぇ。
アイコンタクト多すぎない?ねぇ。
顔近すぎじゃない?

ねぇ!!!!(キレてる)

そんな至近距離でよくお互い笑いもせずずっと真剣な顔出来るわね、やまちね、、、、

たのしそうなゆうとくん、

照れちゃうたかきくん、、、、、

そんな可愛いことしてると、まじで家行くからな!!!!!(過激派再び)

3.Ride With Me
さっきまでの可愛さはどこへ、かっこいい、、
ありおかくんパートの
「過去の当たり前もどうでもいい 新しい道を作ればいい」
って所が最高に良かった、新しい道を〜の所は後ろから9人を映すカメラアングルだったんだけどそこに妙に惹かれた、やっぱり人数が多いと華やか!!!

 

4.JUMPing CAR
暗転して薄明かりの中、ジャケット脱いで肩にかけてゆるーく踊る平成男子達かっこよすぎた。この曲はみんなほんとにやばい。伊野尾くん、有岡くん、八乙女くんは特にしぬ。妖精みたいだった。そう、妖精ってね、ほんとにいるの。知らなかったでしょ?まじでいるの、超かわいいの妖精。妖精さんたちがね、歌って踊ってるの。(脳内お花畑)

この曲は曲名がCARだけに、メンバーの1人1人がそれぞれ車の部品を持って踊ってるんですけど、ハンドルを持ってるのはやっぱり山田くんなんだなぁってしみじみ思いました。赤いハンドルってもうそれ絶対勝てないやつですやん、、、、、絶対服従します、、って感じ。

 

5.Viva! 9's SOUL
きた!!!!!私が今回最もがっちり心掴まれた大好きな曲!!!!!!私、基本的にアイドルの自己紹介ソング(?)的なのが大好きなんですよ。嵐で言えば『La tormenta』、私立恵比寿中学でいえば『出席番号の歌』みたいな。だからねぇ〜、これもすきですよね〜。まず9人で歌うところの振りが可愛い。お前ら、、、、、くそっ、、、、

ってなる可愛さ、分かりますよね?(もはや煽っていくスタイル)。

 

私が特に惹かれた皆様をご紹介。
美声を奏でるやぶくん。皆から名前呼ばれる時に、耳に手を当ててダンボのお耳にして聞いてるのくそ可愛かった。思わず画面を写真で撮ってしまった。

 

f:id:hina3ta2:20161216041355j:image


あと、やぶこうた!って紹介された時のピースしてウィンクするやつまじでイケメンであった。あそこで多分、軽く見積もって20万人くらいは死んだと思う。

 


次にとにかく目が離せない、いのちゃん。
えろくない?

え、えろくない?
指めっちゃえろいやん、ってなった。

 

f:id:hina3ta2:20161216041352j:image


むー、全然伝わらん。
白くて長くてまじでえろい指してる。
という発見をここでしてからというもの、いのちゃんが映ると手ばかり見てしまいます。手が綺麗だって自分で分かってますよねこの人。ヘッドマイクの直し方とか、いちいち1番手が綺麗に見える角度で直してくるから、すげーあざとい、でも分かっていながら負ける。あざとさに完敗。乾杯。いぇーい♡(おチョロい)


歓声が明らかに1番すごかった山田くん。
圧倒的エースであった、、!!!!!!
か、かっこいい。
今、一部巷では星野源に屈したくない系女子が発生しているらしいけど、私は1人、山田涼介に屈したくない女子として孤独な戦いをしています。このDVDの山田くんを見ると、本当に惚れてしまう〜!!!!でも屈したくない〜!!!!!今更感すごい〜!!!!!だって何年山田くんを見過ごしてきたんだ〜!!!うわぁぁぁぁぁぁああぁぁぁぁぁぁぁぁってなります♡(個人差あり)


さて、触れなかった他のメンバーは、一言でそれぞれ表すと以下のようになります。

・チネンッって速くね?異常にここだけ速くない?
その間に飄々とアクロバットしちゃうチネンッすき


・確かにゆうとくんには『いとしの』って付けたくなるよね♡♡

はい、すき


・おかもとけいとぉ〜の時のけいとくんのポーズ♡♡

はい、だいすき


・ツンデルゆうや〜♡

はいはい、すきでーす


・いのちゃんの事をキックするひかるくん

あー、すき


・ゆうとくんに持ち上げられる有岡くん

はー、すきすぎる。


っていう感じです(語彙力)

好き以外の感情なくなる。

はい、書きすぎました。テンポよくいきましょう。


6.SUPER DELICATE
長めのジャケット大好き芸人なので、衣装がめちゃくちゃ良かったです。
そして間奏でいちゃつきすぎな?!?!?!
なんなのまじで、爆発しろよ!?!?!?
抱きしめるぞっ!?!?!?!?

 

7.Puppy Boo
これはよくよく聴くと歌詞がやばい、そしてステッキ持って踊るのはずるいじゃん?????
反則じゃん??????
かわいいじゃん???????
長めのジャケットが、踊りに合わせてひらひらと動くのがとても綺麗だった〜!!!!さいこう!!!! 

 

8.ペットショップラブモーション
はいはいはいはいはーーーーーーーーーい
みんなちゅうもーーーーーーーーく
いい?いい?みんな、注目だよ??????


はい、それではついにきました
ペットショップラブモーション!!!!!!!!!!!!!

1番大きい文字で、しかも太字にしちゃう。これはファーストインパクトがめちゃくちゃ、いや、どちゃくそ強い。一瞬で脳がペトモにおかされていく。視覚と聴覚が奪われ、ペトモの事しか考えられなくなる、ペトモ中毒。しんどい。1度このペトモを見てしまったら、後戻りは出来ないのです。ペトモを知らなかった頃の私には戻れないのです。ゆで卵は生卵には戻れないんですよ!!!!!!!いいですか!!!!!!!!!!

 

まずいのおネコです、こいつは確信犯です、許しません。お母さんは許しませんからね!!!!!!全部あざとい、くそあざとい。なんなの???

とりあえず、手をくるくる回す振りの時に、いのおねこを抜いてくれたカメラマンにボーナスあげたいので私まで御一報ください。

 

次にちねんネズミ。知念くんはすごく真面目なんだなって今までの映像を見てて思ったんですよ。歌詞をその日の為に変えたりしないし、ダンスも決められたところはちゃんと踊る。そんな真面目な知念くんが、真面目に『可愛い』を表現してて、なんだろうなぁ。なんだかとても愛おしかった。そしてチーズ似合いすぎかこら!ちょこまかちょこまかしてて、ほんとのチーズあげたくなりました。餌付け←

 

なかじまウサギ。最初の寝っ転がって、人参で顔隠している所から優勝だったね。足バタバタさせてるし。ぴょんぴょん♡
ゆうとくんが『かわいい』を表現すると、必ず最後に♡が付いている気がする(脳内変換)
いや、絶対♡付いてる。

 

最後にたかきイヌね。ゆうやのイヌ最高じゃないですかこれ。ほんとに。途中からイヌのカチューチャがとれそうになって、ずーーーーーーっと気にしてるんですよカチューチャを。超かわいい。最後にワンワンワンワンって割とノリノリで言っときながら、1番最初に捌けていくのかわいい。とりあえずかわいい。

 

はー、また書きすぎてしまった。つぎつぎっ!

 

9.スーツデイズ
最初の茶番からもう有岡くんらぶだった。少年のようなうるうるした目。ずるい〜!!!!有岡くんすき〜!!!!!前髪を伝って汗が流れてきたのか、少し顔をしかめながら前髪を直すところとか超すきだった(細かい)

 

10.Hey! Say! 7ソロメドレー(Moonlight~麗しのBad Girl~Higher~おおきくな~れ☆ボク!!!)
昔の映像に弱すぎるおばさんなのでやめてほしかった。大きくなって、、、、(涙)っていう親戚のおばさんみたいな目で見てた。

 

11.ただ前へ
ソロメドレーからのこれはもうね、ヲタクなら泣くでしょ(すぐ泣く)

 

特に曲の終盤
中島「ただ前へ(知念を指差し)」
知念「ただ前へ(岡本を指差し)」
岡本「僕ら(山田を見つめる)」
山田「あるいてこぉ〜(岡本を最高の笑顔で見つめる)」

 

 

 


号泣(´;ω;`)

 

 

 


せぶん〜(´;ω;`)
いろいろあったね(´;ω;`)
でも今はこんなに笑ってるね(´;ω;`)

とか色々な想いが込み上げてきました。

 

まぁここ5、6年くらい追ってなかったので、特にそこまで思い入れがあった訳ではないくせに、妄想で補正しまくって、勝手に気持ち作って泣いてましたね。(きもい)

 

12.我 I Need You
きゃー!!!!!すき!!!!!!
この曲で私は完全に有岡くんが好きになりました。声がめちゃくちゃすき。

「よこは〜まのみん〜な、Baby love Chu♡」
「ねえ、昔からまるで君を探していたような、、」

ちょっとかすれてる感じというか、なんというか。味わい深い。あー、もう死んじゃうかもしれない。寿命が来たかもしれない、、、、って有岡くんパート聞くたびに命の危機。

そして曲が良いこれ表題曲だったの知らなかった、、、、、、人生半分くらい損してた気分、、、、、絶望、、、、、(重い)

DVD見終わってすぐTSUTAYAにダッシュして借りてきましたよね。今では毎日聴いてます、カラオケでも必ず歌うようになりました。踊りも完璧にマスターしました、どうも思い立ったらすぐ行動でおなじみのひなみやだよ〜♡(しらねー)

 

13.明日へのYELL
MC前最後の曲、この曲めっちゃ泣けません!?!?!?!?みんなでタオルぶんぶん振り回して、1つになってる感があってエモかった。しかも山田くんがすごく楽しそうにしてて、親戚のおばさんモード再びって感じであった。テンション上がりすぎて有岡くんの背中に飛び乗る山田くん最高か。私の背中にも飛び乗ってくれ。

 

 はい、ということでね。思いの丈をただただ書きなぐってきましたけれども。果たしてここまでお付き合いしてくださった方はどれくらいいるのでしょうか。

Hey! Say! JUMPが好きだと気付いたあの日からずっと、この想いを外に出したくてたまらなかったのです。私の見た目はなんの変化もないけれど、1ヶ月前とは聴いてる曲がガラッと変わり、見るテレビが変わりました。

劇団四季を見に行った時、最初に男性ダンサーが9人出てきてラインダンスをしてたんですけど、それを見た瞬間「あ、Hey! Say! JUMPかな?」と思うくらいにはずぶずぶと沼にハマっていってます(重症)

私としたことが迂闊に手を出したばかりにっ、、、、、、、、(無駄な抵抗)

 

友達には

「ハマったらとことんハマるタイプだよね、いつも、気づいた時にはすでに遥か遠くへ行ってしまってる」

と言われました。

 

私、自分でも気付かない間に遠くへ来てしまったようです。(他人事)

 

でももう変な意地を張るのはやめて、潔く負けを認める事にしました♡その方が楽しい、好きなものはすき♡

 

そんな私は日曜日、私を沼へと誘った伊野尾担のお友達とカラオケ館のデュアルモニタールームという所でJUMPing CARnivalの鑑賞会をします♡ほぼ毎日伊野尾担とLINEしてて、本当に距離が縮まりました。ヲタクの結束力強い。

 

f:id:hina3ta2:20161216120240j:image

 

f:id:hina3ta2:20161216120246j:image

 

お友達が前回デュアルモニタールームで行った鑑賞会の様子だそうです。妖精さんたちをこの大きさの画面で見られるかと思うと楽しみです♡ペンライトは必須だな、うん。

 

 

 

 まぁそんなこんなで。

 

とりあえず。

 

言いたかったのは。

 

新しい沼も楽しいです!!!!!!!(クソ)

 

ってことです。 

 

 

 

 

おしまい

 

魔法の言葉

乃木坂46 アイドル 現場 握手会

 

 

 

 

 

6年前のバレンタインデー。

私はバスケ部だった男の子に手紙で告白をした。

 

 

 

直接好きなんて絶対言えないでしょ!恥ずかしくてしぬ!!!!!!むり!!!

 

 

 

 

ってなって手紙にした。懐かしい、中学3年生の出来事。それ以来、告白はしていない。1回も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして月日は流れ2016年9月25日。そんな私が、大好きな人に会いに行った。好きだと伝える為に。自分の想いをぶつける為に。

 

もう既にあんまり覚えていない。記憶が曖昧。でもレーンに入った時、震えていた。お姉さんに身分証を出そうとしたけれど、手が震えてなかなか取り出せず、お姉さんを困らせた。列に並ぶとすぐに順番が回ってきそうであった。約6年振りの告白。しかも、口で伝えるのは果たして何年ぶりなのか皆目見当もつかない。相当昔である事だけは確かなはず。だいたい、幼稚園の頃などは「〇〇君がすき!」と無邪気に言えていたのに、大人になるとどうしてこうも上手く言えなくなってしまうのか。成長するにつれて、大切な事をたくさん学び、その代わりに失ったものもたくさんあるような気がする。まぁそんなことを考えながら(考えてない)1歩ずつゆっくり相手に近づいていく。「好きです」と伝える為に、前に進む。

 

 

 

本当にあっという間に順番が来た。前の人の順番の時から姿を見ていたけれど、それだけで涙が溢れてきた。でも本人の前で泣くわけにはいかない。それはただの私の意地だけど譲れない。

 

 

 

順番がくる。

手を握った。片手だったか両手だったか、それすらも覚えていない。どんな感触だったか、とか、手の大きさはどれくらいだった、とか、そんな事も覚えていない。ただ、目の前に私の大好きな人がいる。テレビで、雑誌で、舞台で見ていた私の好きな人に今、触れている。その事実だけで倒れそうであった。好きな人を目の前にした私は、好きという気持ちがとめどなく溢れてきたと同時に、涙がもう堪えきれない程湧いてきた。くるしい、でも言わなくちゃと必死であった。歯をきゅっとくいしばり、息を吸う。

 

 

 

えりかちゃん、好きです。

 

 

 

 

世界で一番幸せになってほしいです。

 

 

 

 

一息で、でも涙をこらえながらなのでゆっくりと言い切った。これが精一杯だった。これ以上話してしまったら涙がこぼれ落ちる。好きという気持ちが止まらないのと同じように、涙だって止まらなかった。

 

彼女は優しく微笑みながら

ありがとう。

と言った後、目にいっぱい涙をためた私を見ながら困ったように、

そんな私の為に使わない方がいいよぉ〜

(世界で一番幸せになってほしい、に対して)

と言ってくれた。

優しい、どこまでも優しい。好きな人に優しくされたらこじらせてしまう。私は涙が落ちる直前まで彼女を見ながら手を振り続けた。彼女はずっと困ったような、不思議そうな顔をしていたけれど、私の目を最後まで見てくれていた。

 

 

荷物を持ち、レーンを出る。周りの目など一切気にせず、思いっきり泣いた。あぁ、やっぱり私は君が好きだ、大好きだと泣きながらずっと思っていた。誰かの事をこんなに想いながら泣いたのはいつぶりだろう。

 

 

周りの目を気にしないとは言っても、ずっと泣いているわけにもいかない。落ち着かなければ、と思っていると会場で彼女のソロ曲 命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」が流れ始め、気付いたら時にはサビだった。

 

乃木坂46 『命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」』Short Ver. - YouTube

 

 

生きてる〜生きてる〜、と彼女の声が聞こえてきた瞬間「あぁ、確かに彼女は生きていた。生きていたね」とまた泣き始めてしまった。つらい。(周りに迷惑)(きもい)

 

完全に感情が暴走した私はその日の夕方、会場近くのコスモワールドの観覧車に1人で乗ってしまった。ヲタクをしていると、なんだか無敵になる気がする(気のせい)

 

 

 

 

 

 

 

生まれてきてくれてありがとう、アイドルになってくれてありがとう、私にいつも喜怒哀楽を与えてくれてありがとう、感謝してもしきれないからこそ、やっぱり私は君に世界で一番幸せになってほしいと思っているよ。冗談みたいだけど、本気で思っているんだよ。輝いていてほしい、夢を叶えてほしい。思う事はたくさんあるけれど、最終的にはやっぱり幸せになってほしい。世界で一番といわず、宇宙で一番幸せになってほしい。私は、君を見ながらいつもそんな事を思っているよ。

 

 

 

 

 

これからも大好きです、生田絵梨花ちゃん。

 

 

 

夏の終わりに想うこと

 

 

夏の終わりに、バイト先の先輩と仲良くなった。

 

 

その先輩は小柄で、可愛くて、仕事も完璧で、優しくて、可愛くて、笑顔が素敵で、私服のワンピースがめちゃくちゃ似合ってて、可愛くて、そんな先輩。可愛いがたくさん入ってしまうのは、本当にかわいいからだ。みんなが一目置いてるそんな存在。仕事中は口数が少なくて表情も割とキリッとしている、ラブリーな私服と勤務中のギャップはかなりやばい。好きになってしまう。(もし期待している人がいたら申し訳ないので先に言っておきますが、百合展開ではないです。)

 

その先輩と全然話した事の無かったある日、勤務中に突然呼び止められた。当然仕事の話だと思い、はいっ!と元気よく答えたら、ひなみやさんって乃木ヲタなんですか?と聞かれた。

 

 

 

 

ふぇっ?

 

 

 

絵に書いたようにうろたえた。ちなみに私は普段割と冷静な方だと思うけれど、それは頭で色々な可能性を考えて、どんな事が起きてもそんなに慌てなくて済むようにしているからだ。でも、いつもそうやって生きていると、予想してないものが来た時に本当にオロオロする。目が泳いでる人を、生で初めて見た、と友達に言われた事がある。私も見てみたい、慌てて目が泳ぐ人、、、、。

 

多分私はこの時もきっと目が泳いでいた。そこで私は咄嗟に「なんで知ってるんですか!?」と聞いた。完全に認めてしまっている。そうです、という言葉を使っていないのに完全に認めている。アドリブが苦手なのだ、無念。先輩は「リュックに生田さんのキーホルダーが付いていたから」と答えた。あ、そうだった。私リュックに付けてるわ、キーホルダー。まぁ隠すつもりもないしいいか、と思い「そうです、好きなんです。先輩もどうですか、CDいりませんか?♡」と数秒で方向転換してヲタクに誘い込む作戦に出た。すると、案外あっさり「あ、じゃあ欲しいです。1枚ください」と言われた。拍子抜け!

 

 

 

そんなやり取りがあり、1ヵ月弱が経った頃。その先輩が全国握手会に行く為にCDを買ったという情報が私に入った

 

 

 

完全にはまっている、、、、、

 

 

 

それを知った私は、あまりの急展開に焦った。あんなに清純な女子大生をヲタクに変えてしまったらどうしよう、余計なことしたかな、いやヲタクは楽しいけども、、、楽しいけども、、!!!!みたいな。必死の葛藤。考えた結果、私も全国握手会に付いていく事にした。案内人。1回しか行ったことないけど。頼りなさすぎるガイド。握手会の日まで、LINEで会話をしていると、先輩もかなりのアイドルヲタクという事が段々分かってきた。しかも地下アイドル。全然そんな風に見えない、、、

 

 

当日、その先輩とあともう1人の男の先輩(この人も私が勧誘した)の3人で会場に向かった。この日は本当にたくさんの人が居て、ライブを見るだけでもめちゃくちゃ並んだ。その為、話す時間があったので色々聞いていると、どうやら軽めの地下アイドルのヲタクではなく、かなりのヲタクだった。以下、発言の数々。

 

 

「私は、自分が握手する事によって、この子が少しでもいいお肉食べられればいいなって思うのが好きなんです」

「乃木坂のスタンドフラワーってこんなに豪華なんですか、、、、私、生誕祭の時ですらあんなに大きいの出した事無いです、、、」

「(なんで単色のペンライト買ったの?という男の先輩の質問に対して)いや、だって推しの子の色なんだから単色でいいじゃないですか、色変える必要ないし。2本単色があるのは、途中で推しメンがカラーを変えたからです、推し変じゃないです」

「私の推し、舞台女優になりたいって言って卒業したんですけど、今ユーチューバーなんですよね、、、、。」

「(ミニライブに人が押し寄せている光景を見て)なんだかちょっと悲しくなってきました。私が今応援している子達は、私がいくら頑張ってもこんな景色を見る事はできないんだなって思うと、、、、。この間のリリイベ、今日はたくさんの方が見に来てくれました!って言ってたんですけど8人だったんですよ、、、。」

 

どうですか、めっちゃヲタクじゃないですか、しかもかなり濃度高めの。あと、この人完全にこっちの世界の人だと確信したのは、ミニライブでのサイリウムの振り方ですね。手首の使い方がまじで長年の経験を物語っていました。

 

あとあと、推しが卒業してユーチューバーになるの辛くないですか。先輩もかなり落ち込んだらしいです、ユーチューバーはさすがにしんどい。心中お察ししますという感じ。もう立ち直ってましたけど。

 

 

本当に色んなお話をして、とても距離が縮まった。気がする。生まれて初めて誕生日が一緒の人だったし、もしかしたら運命の人かもしれない。(百合展開ではない)

 

 

 

 

夏が終わってしまう。気付けば秋になり、一瞬気を抜いたらあっという間に冬だ、多分。先輩がいつまでバイトを続けるか分からないけれど、もっと話したいなぁ。今度カラオケで鑑賞会をやる予定です。ちゃんとサイリウム持ってきてくださいね♡って言われました。もちろん、持っていきます♡

 

以上、ヲタクの話でした。なんとなく文が書きたくなった。

おしまい!!!!!

ARASHI "Japonism" Show in ARENA 8/7 昼 長野 M-WAVE

アイドル 現場 ジャニーズ

面白いこと、楽しいことがあっても、すぐ忘れる性格ゆえ、その時の感情は文字にしておくのが1番。という事で、覚えている限り8月7日、長野M-WAVEで行われたARASHI "Japonism" Show in ARENAの昼公演について書いておきます。めもめも。

 

ただし、あまり詳しくは覚えてなかったり、もしかしたら勝手に作っている箇所があるかもしれないけど許してね。


じゃあいくよー!!!!
セットリスト順に振り返る。

 

 


1.ただいま
後光がさしながら登場。
かなり長い時間、シルエットしかみえないまま歌唱。歌詞がスクリーンに出されて心にしみる。
嵐が「ただいま」
ファンが「おかえり」と歌い、
「ただいま、この時代を待っていたよ」
なんて歌われたら泣いてしまうに決まっている。

2.A・RA・SHI
3.Oh Yeah!
4.Happiness
トロッコでめっちゃ近くに!!!!!
相葉くんと翔くん、!!!!
人生で1番近い
翔くんはライブの時観客を煽るのがうまいんだけど、今回は近かったので目の前で煽って頂けました。ありがたき幸せ。

 

オープニング映像


昔にタイムスリップした嵐
その、時代を生きる人から刺激を受け
「今を、どう生きる?」と、問われる。

f:id:hina3ta2:20160811021756j:image

f:id:hina3ta2:20160811021802j:image

f:id:hina3ta2:20160811021809j:image


ここまでの数曲がライブだとしたら、ここから始まったものこそJaponism Showかなと思った。

 

5.Sakura
アルバムの1曲目。Japonismを最も象徴している曲だと個人的には思っている。
「いつか僕らが世界を変えていくなら」
「与えられた現在を、託された未来へ」
という歌詞が何となく今の嵐にマッチしているような感じがした。あと、この曲きくとやっぱりどうしても生田斗真くんと小栗旬さん出てきちゃうウロボロス病()

 

6.Japonesque
誇り高きJaponseque、って感じだった(?)
日本らしさを前面に出した圧巻のパフォーマンス。
櫻井翔さんソロパートの『火花散る 踊り明かせ 体揺らせ』が好きすぎてそのシーンになった瞬間、耳を集中させてモニターを凝視。ごちそうさまです、櫻井くん。

 

7.ワイルド アット ハート
イントロが和風にアレンジされていてめっちゃかっこよかった。Japonsequeからの流れが最高

 

二宮くんのソロコーナー、タップダンス
タップして一息
タップして一息
タップして一息
その一息の度にファンが「ふぅ〜!!!!!!」
って言ってたら、二宮くん機嫌良くなって楽しくなったのか一息の時にこらえられず「ふふふ」とか笑い始めて可愛かった笑
そんな二宮くんを見たファンは、次からさらに大きな声で「ふぅ〜!!!!!!」という甘やかし。いや、でも本当にすごくかっこよかった、!!!


8.イン・ザ・ルーム
二宮くんのタップからはじまったこの曲。
えろい。圧倒的にえろい。すげーえろい。
画面に映し出される背景がラブホの壁紙みたいだった。ラブホ行ったことないけど。
「首筋の汗 燃えてしまうまで」の歌詞の所で松本くんがすっげーえろい手つきで自分の首筋を撫でてて「ふぁー!!!!!!」ってなって思わず「えろい(小声)」って呟いた。
あと、櫻井くんの帝王感。赤いソファに座って歌うんですけどほんとにもう、、、。それだけでもえろいのに、深く腰掛けてラップ歌うんですよ、、、「身体を拭えど紅の痕」とか歌うんですよ、はぁ、えろい。ある意味ここが1番テンション上がった(?)

 

9.復活love
相葉事件発生。
マイクを落とし、他のメンバーが普通に踊っている前を屈みながら移動して必死にマイクを追いかける。2人で歌う箇所があって、モニターに2人が映し出されるんですけど、その下になんか若干背中がフレームインしている人がいて、「あれ?そんな振りあったっけ」と思っていたら事件が起きていた。メンバーに散々いじられる。

最後の台詞「おかえり」じゃないだろ!「にの、ごめん」に歌詞変えろよ!
いや、歌詞の世界まで壊したら大変じゃん!ちょっと、後でね後で!!!(てんやわんや)

 

櫻井くんのソロコーナー、ドラムタイム。
右側と左側にアリーナを分けて違うリズムで手拍子。櫻井くんも違ったリズムでスネアドラムを叩く。

「どっちのグループから先やろっか。」
会場全体が「はーーーーーい!!」
「、、、まぁそうなるよね、うん。聞いた俺がバカだったごめん笑」「こっちの人達からやるから、そっちの人達は待っててね〜!」
会場のみんなを褒める櫻井くん「おじょうず〜♡」小さい子に教えるかのように、櫻井くんに甘やかされるヲタク達。さっきくそえろいラップを歌ってた人とは思えない変貌ぶり。
会場全体が一つのリズムを作り出し、Lucky Manへ。

 

10.Lucky Man
手拍子やめるタイミングが分からねぇ、、、
スクリーーーーーーームって言われたけど、いいの?やめちゃっていいの?ふぅー!!!!!!って腕ぶん回していいの?ってなってた。
でもやっぱり、演出に参加できるのは楽しい。参加型Showは飽きないし想い出に強く残る。

 

11.Troublemaker
12.Daylight

 

MC
復活loveでの相葉事件で相当盛り上がる。
二宮くん曰く「今日は相葉くんの日」
二宮くん、大野くん、松本くんが映画の宣伝、櫻井くんがオリンピック特別番組の宣伝。
「明日卓球です、みてね!」

 

13.Everybody前進
9年前、最後のアリーナツアーになっていたTime。そのTimeツアーの最初の曲だったこの曲をやるのはエモすぎ、、、、。私は特に、初めて買った嵐のライブDVDがTimeで、多分初めて買ったのがTimeじゃなかったらここまで嵐にはまっていなかったと言っても過言ではないほどTimeが大好きで、愛していて、嵐のヲタクを続けていく上で、このTimeコンを見に行けなかった事は多分一生後悔し続ける、それくらい本当に大好きなコンサート。しかも今回は、そのTimeコンの映像をスクリーンで流しながらのパフォーマンスで本当に死ぬかと思った、崩れ落ちそうになった。9年前はまだチャラさが残る櫻井くん、イケイケ系だった松本くん、少年のようだった二宮くん、今よりもバカっぽそう(褒めてる)だった相葉くん、ツンツンしていた大野くん、それぞれが9年経って、5大ドーム、国立競技場、ハワイ公演を経験して大きくなってまた同じ曲をこのアリーナで披露してくれるのが嬉しくて、この瞬間を絶対忘れないぞと心に誓った。もう後悔はしたくないんだ、私はこの瞬間を見ていると胸に刻んだ。

間奏のところで大野くん「久々の間奏のダンス!」

みんなとりあえずやるけどぐだぐだ
櫻井くん「覚えてないでしょ笑」


松本くんのソロコーナー、DJ。今回はいつもライブが始まった時にやるお決まりの挨拶がなかったんですけど、その音源をDJの時に流してました。「いらっしゃいませ〜」「今からみんなのこと幸せにします、!!」「ねぇねぇねぇねぇ、盛り上がってんの〜!?」「調子はどうた〜!」「今日はお祭りでぃっ!」
あとはステージ上にある大きなモニターをスマホの画面に見立てて、松本くんがモニターにタッチしたりスライドさせたりすると、みんなのペンライトが光ったり、音にエフェクトがかかったりしてて、聴覚と視覚両方が一気に楽しめた。
個人的に1番好きだったのは、PIKA☆NCHIの時に、「道」を一瞬だけかぶせて流すやつ!!!湧いた、!!!てくてくあ〜るく!!

 

14.I seek

 

15.Disco Star
ここらからソロメドレー。
それぞれ、そのソロを披露した当時のコンサート映像を流しながら。
記憶に新しいDisco Star。

 

16.Rain
相変わらずキレッキレで踊りまくってた、衰えないの素晴らしすぎ、、、。

 

17.秘密
二宮くん以外の4人は、アラフェスの時と同様着ぐるみでパフォーマンスに参加。秘密は会場に来てた人大抵踊ってた、しかし二宮くんの可愛さバグッてる。

 

18.Shake it!
松本くんのも過去の映像出ていたはずだけど、松本くんの事凝視しすぎてて何の記憶もない。双眼鏡を使って、松本くんの腰振りダンスをしっかりと目に焼き付けました。激しい所でこれでもかというくらい「ふぅーーー!!!!」むしろ「ふぉーーーーー!!!」って叫びました。隣にいたお母さんは、32歳男性の腰つきを見てふーふー言ってる娘をどう思ったのかなんて、考える余裕もないくらいイケメンであった。美しい。

 

19.T.A.B.O.O
えろい歌続く。松本くんのソロはポップなえろだけど、櫻井くんのはハードえろ、まじのやつ。当時の映像も強烈で裸っ、、、て感じだけど、今回だって大人の色気すごかったよ、裸じゃないけど、、、裸じゃないけどね、、(残念がってはない)

 

20.三日月
前のステージでパフォーマンスしてたのでひたすら双眼鏡で凝視。双眼鏡で見ると、必ず松本くんに吸い寄せられる。画が強いから遠くから見た時1番映える、劇場型のお顔。彫刻みたい、、、(同じく双眼鏡を使って観察していた母より)

 

21.マスカレード

 

22.Bolero!
相葉くんのパフォーマンスタイム。相葉コールしながらみんなで見守りました、めっちゃかっこよかった〜!!!!シルク・ドゥ・ソレイユ感、!!間違いなくエンターテイナーだったよ、相葉くん!!
そして割とすぐそばに二宮くんきた、!!!!!どんどん上に上がっていく、!!!拝んだ、必死に拝んだ。二宮くん〜!!!

 

23.青空の下、キミのとなり
そして来ました、二宮くんゼロズレありがとうございます。めっちゃ湧きました。私に、ではないけど、あの1列に微笑みかけてくれてありがとう。ゼロズレの時にこっち見ててくれてありがとう。感情が高ぶって、にのみやくん、、、、、すき、、、って思わず呟いたよ。

 

24.miyabi-night

 

25.心の空
miyabi-night〜心の空の流れが完璧だった。心の空で和太鼓でてきて、筋肉むきむきのお兄さんが叩いていた、どちゃくそかっこよい。そしてまた和太鼓が映える曲、!!もちろん、和太鼓をバックにがしがし踊る嵐もかっこいい、まさにこれぞJaponism。

 

26.僕らがつないでいく
本編最後の曲。歌い終わって、捌けた後、ステージのモニターに5人の名前と誕生日が映し出されて、それが5人それぞれの早さで一斉に月日が流れて1999年11月3日で止まった。そしてそこから、2016年8月7日のコンサート終了時間まで同じ早さで5人の月日が流れていった。これからも、同じペースで時が流れていくんだ、一緒に歩いていくんだと思ったら嬉しくて涙が出たよ、ずっと付いていくよ、、、

 

 

 

アンコール
27.Power of the Paradise(新曲)


28.愛を叫べ
ふざけてた、嵐がふざけてた。めっちゃ楽しそうだった。笑
あぁ、これ見たことある〜って思いました。
何歳になってもワチャワチャ楽しそうで、変わらないでほしいなと思った。現実は変わっていくものが多くて、辛くて、切ない事が多いから、せめて嵐のその関係だけは変わらないでほしいなと思った。
あと、愛を叫べの振りを自然とお客さんみんながやるんですけど、親指と人差し指の2本だけ出す振りを嵐に向かってやるのすごく楽しかった。思わずウィンクしてしまいそうなくらいテンションがあがりました。えへへ

 

29.感謝カンゲキ雨嵐
俺らの名前はなんだ、せ〜のっ!!!!!
\(^o^)/「あらし〜!!!!!」
っていう毎公演最後にやるお決まりのこのフレーズ、アリーナだと狭くて時差ないから異常な程声揃ってて感動しました。周りを気にせず大きい声出せる時ってなかなかないから、おもう存分叫びました、満足〜!

 

 

 

 

 

こんな感じです、楽しかったな〜!
あと、地方公演だからか、長野っていう土地がそうさせたのかはよくわからないけど、若い人が少なかった!笑
私のお母さん(だいたい50歳)くらいの人がかなりいましたね、東京ドームとかだったらあんまり無い光景でそれがまた新しかった!

次、嵐に会えるのはいつかな〜!4年後かな〜!オリンピック並だけど大丈夫、嵐を好きでいるのは修行だからってお母さんと話してる。ポジティブでなきゃヲタクなんてやってられないよね〜。好きだからっていう単純すぎるけど、大切な感情を大事に生きていきたいです(突然の宣言)

 

 

そして私は毎日、明日のエンターテイメントを信じて眠ることにします。おやすみ。

 

 

 

 

おかえり、ただいま、またいつか。

アイドル 現場 ジャニーズ

 

2016年8月7日、長野県のM-WAVEという会場で嵐のライブを見てきたよ。

 

 

すごく、すごく、感動した。

すごいエンターテイメントを見た。

 

 

 

嵐が最後にアリーナツアーをやったのは9年前の2007年で、その頃のスケジュールを見てみたら、5日連続横浜アリーナで8公演とかこなしていて、強いなぁと思った。延べ28日、48公演という果てしない数。そのうちドームは2日間の東京ドーム2公演だけで、あとは総合体育センター(北海道)であったり、産業展示館(石川県)であったりと、本当に色んなところでパフォーマンスをしていた。

 

そこでこの機会に少し昔を振り返ってみると、10周年の記念ライブとなった5×10ツアーのパンフレットで松本くん、櫻井くんがこんな事を言っている。

 

松本「実際、今回もギリギリまでアリーナツアーができないか?っていうのはずっと検討してたから。俺が本来、一番やりたいことでもあったし。やっぱり、国立だったり、ドームツアーだったり、アジアでやらせてもらったりとか・・・ステータスとしては上がると思うんだ。そして、それは俺、いいことだと思うの。でも、それだけじゃないし、応援してきた人達は、今回の5都市以外にもたくさんいるのはもちろん承知してるし、そういう人達のところに・・・感謝っていう意味では、行くべきだと思うんですよ。行きたかった。俺らの方から、みんなのところへ。」

 

櫻井「俺らの想いとして"より多く、より近く"ツアーができるように、ほんとにずっと模索してきたの、この1年。だから、ファンの人達にも勘違いしてほしくないんだけど、俺らも別にドームでやること、国立競技場でやることだけを、もろ手を挙げて万々歳だとは思っていなくて・・・。それは、本当にすごいことでありがたいことだとは思うけど、俺らはデカい会場だったり、記録だったり・・・ってのを目標にやってるグループじゃないから。そこに価値を置いているわけじゃないんだってことだけは、絶対に理解しておいてもらいたくて。」

 

そして今年のアリーナツアーのパンフレットでは大野くんがこう言っている

 

大野「アリーナツアーをやりたいっていうのは、昔からずっと言ってたことだったから。10周年の時に、たぶん・・・みんな本気でやりたかったんじゃないかな?でも、いろんな状況とタイミングが合わなくて叶わなかった。だから今回、"念願の"ってことだし。やっぱりね、それぐらい思い入れがあるんだと思うよ。最初にコンサートをやらせてもらったのはアリーナだし、嵐はそこから始まってるからね。」

 

 

"ずっとやりたかった、念願のアリーナツアー"

"嵐はそこから始まってるから"

 

正直、私は嵐が9年前に行っていた公演は見ていない。だから「おかえり」という権利も、「ただいま」と言われる権利も多分無い。でも、それでも私だって待っていた。私が知っているのはドームでの嵐であって、毎回想像の上を超えてくるそんなエンターテイナーがどんなものをアリーナで見せていたのか。ずっとずっと知りたかった、見てみたかった。

 

今年のアリーナツアーのパンフレットで私が1番グッときたのは二宮くんの言葉。

 

「我々が、ただ効率を求めてドームに行ったんじゃないってことを分かってもらえる、貴重な機会になるといいなと思います。」

 

1度にたくさんのお客さんに見てもらえるからドームでやっているのではなくて、ドームでしか見せられないものを披露するからドームでツアーする。そして今回だって、色んな大きな会場での経験を踏まえてこそできる、アリーナツアーでのパフォーマンス。それぞれ会場の大きさに合わせて、どんな方法が1番お客さんの心に響くのかを真剣に考えている。ライブの途中で嵐が、広い広いって会場見て言ってた。国立競技場や東京ドームを経験したって、当時ツアーで回っていたアリーナの広さは忘れてない。ここのアリーナは広いよね、うんすごい広い。

 

 

そしてパフォーマンスは圧巻であった。参ってしまった。1分足りとも飽きなかった、なんだかすごい空間にいるってずっと思ってた。ライブだったし、ショーだったし、お客さんも演出に参加出来たし、楽しさしかない。衣装も舞台装置もセットも何一つ手を抜いていないし、ちゃんと考えてる。

 

嵐の本気がちゃんと分かる、本気が分かると心が動く、心が動くと涙がでる。

  

 

 

 

実は私は、2015年のTHE DIGITALIANツアーを見てから少し、嵐を離れようと思った。あそこで見た景色が美しすぎて、あの空間が楽しすぎて、もうあれ以上の興奮や感動は絶対に味わえない。この最高の想い出を胸に少し離れそうとそう思った。

 

 

でも違った。

この頃の自分をぶんなぐってやりたい。

だって松本くんだって言ってるじゃないか。

 

 「それと、やっぱりエンターテイメントっていうものの根本は、俺は変わらないと思ってるから。何かを表現して、人が動くことによって、人が何かを感じてくれるっていう、その図式は絶対に変わらないものなんだって俺はそう思うから。嵐のライブ=エンターテイメントってものを信じてる。それは、お客さんを信用していること、スタッフを信用していること、嵐のメンバーを信用していることだと思うんだ。」(5×10ツアーパンフレットより)

 

この人達はいつだって、どんなときだってスタッフを、お客さんを、そしてメンバーを信じて自分達が見せられる最高のパフォーマンスをしてくれる。

 

 

嵐が信じてやまないエンターテイメントを、君ももっと信じて。

きっと君は1年後、またもっと凄いものをみるんだよ。

ロマンはどこだ

アイドル 乃木坂46 現場 握手会

桜の花が散り始めた。あれだけ桜を待ち望んでいたのに、咲いてしまうと一瞬で散ってしまう。でもだからこそ、毎年満開の桜を見ると感動する。1年前見たはずの景色でも、なんだかものすごく新鮮に思える。私はあと何回桜が見れるだろうか。多く見積もって60回くらいだろうか。

そんな事を考えながら(本当は考えてない)、電車に乗る。春の土曜日。シンデレラ城を横目に見つつ私はその先へと向かう。夢の国より遠い、私がずっと避けてきたあの場所へ。


そう、ついについに行ってきたよ
握手会!!!
やったー!今までなんやかんや理由を付けて行ってなかったけどついに解禁、アイドルとの接触。やったー!今まで経験してなかった事に挑戦するのはとっても楽しい、全く未知の世界へいくのはドキドキだけどワクワクだしはっぴー!ひぃ〜!!!
あのね、正直めちゃくちゃ楽しかった!!ジャパニーズカルチャー最高!!って思ってた1日中。私が避けてきた世界はとても最高だった。めちゃくちゃ幼稚な言葉でしか表現出来ないのだけど、それでも本当に楽しかったのです。一瞬一瞬を生きた感じ、想い出が輝いてる。

私が握手会デビューの場として選んだのは、
2016年4月16日に幕張メッセで開催された
乃木坂46 14枚目シングル「ハルジオンが咲く頃」
発売記念の全国握手会です。
そもそもどうして今まで握手会に行ってなかったのかと言うと、私は「アイドルに触れてはいけない」というざっくりした教えのある宗派に所属しており、それを忠実に今日まで守ってきたのです。だからアイドルと接触の無い、アルバムのお渡し会や写真集のお渡し会などには参加するけれど、握手会だけは頑なに参加していませんでした。じゃあ、なぜ今回自分の宗派の教えを背いてまで握手会に参加したのか(大げさ)。それは、私の大好きなメンバーである深川麻衣さんが卒業してしまうからです。今回の握手会は、関東で深川麻衣さんに会えるラストチャンス。ど、どうしよう!とうじうじしていたけれど結局最後は「どうしても会いたい」という気持ちが抑えきれなくなり、自分の宗派より聖母を取ることにした。(大げさ)


当日のスケジュールはざっとこんな感じ
●11:00  ミニライブ開演
●13:00    握手会開場
●13:30    握手会開始
●18:00    握手会終了

まぁ今回は初めてだし、のんびり行くか〜と思い10時に会場入りしました。まずはミニライブ。入った瞬間すごい人人人。す、すげぇぞみんなヲタクかよ、、、(どんな感想)と思いながら会場を見渡す。全然ミニじゃない。全然ミニじゃない(大事な事は2回言う)。ミニでこの人の多さはやばいでしょ、なんなの。ミニチュアダックス飼ってるよ〜、って言われててゴールデンレトリバー出てきたみたいな感じです(?)いや、でかいでかい、全然違うやんけ!みたいな。伝わらないですね、言いたかっただけですごめん。でもね、ミニじゃないミニライブ楽しかった!今回はひとまず女性エリアという所を経験しようじゃないのと思い、女の子しかいない空間へ。めちゃくちゃいい匂いする。なんかね、香水とかのわざとらしい匂いじゃなくてシャンプーの匂いみたいな自然な香り!!快適すぎる。前も後ろも、右も左もいい匂いの女の子たち(言い方)。しかもスカート率の多さ(って言ってる私もスカートだった)!!!足元みると、膝から下の肌色率が高いこと高いこと。そんな素敵な空間に居るので、ストレスなく約1時間程待機。(きもい)
そして11時になると予定通りライブ開始、!!うおぉ〜、やっぱりライブ楽しい!!OVERTURE〜!!!!乃木坂のOVERTUREが私は大好きです。ぞくぞくして心が踊りだす!!!テンション上がってペンライトぶんぶん2本振り回してたけど、女性エリアそもそもペンライト持ってる人の方が少なくて最初ちょっと恥ずかしかった。なんだろ、立って見入ってる感じの子が多かった印象。こんな風にペンライトぶん回して「超絶かわいい、いくちゃーーーーん!!!!」なんて叫んでる人まじで誰もいなかった。
そもそも、ライブ始まる前恒例(?)の「〇〇どっこぉー↑↑↑」っていう雄叫びへの嫌悪感が、女性エリアは特にはんぱなかったので若干控えめにコールしてました。

雄叫びに対する女性エリアの反応

金柑ほしいよ、金柑ちょうだい。


まじで絵に書いたような失笑でちょっと見てられなかったですね、乃木坂嫌いにならないでね〜ってずっと思ってた。すいませんすいませんとなぜか私が謝る(心の中で)。女の子が不安になる現場は良くないからね、うん。


まぁそんなこんなで、私の周りは割と大人しい方が多くてあんまり騒いで楽しむっていう感じではなかったけれど、人多すぎて本人達はほぼほぼ見えないし、モニター越しで見るのがやっとっていう感じだったので見入るスタイルになるのも分からなくはない。でもやっぱり、最新シングルに入ってる曲が全部フルで聴ける機会ってなかなかないと思うからすごく楽しかったですね。CD1枚買えば参加できるライブはコスパよい。時間も1時間くらいでちょうどいい、ブータンの振り可愛かったですいくちゃんすき。なんで首あんなに動くのか謎すぎる(全然出来ない)。

ライブがだいたい12時頃に終了したので、さてお昼でも食べに行くか〜と思っていたら全然外にでられない。いや、出れるけど「そんなに出たいならまぁいいけどいいの〜?」みたいな雰囲気(?)。な、なんだこの制度は閉じ込められたぞと思って終始オロオロしてしまった、握手会初心者に優しくない。だけどTwitterで初心者丸出しで助けを求めたらたくさんの人が優しく教えてくれて、どうやら残った方が良さそうなので留まる事にした。インターネットは初心者にとっても優しかった。インターネットだけが味方。

皆様の助言通り快適な女性エリアで待機してたら、一般エリアに入ってた人達がどんどん外に出されていく。めちゃくちゃ怒られそうな事言うけど、その様子はさながらサバンナを移動するヌーの群れのようでした。迫力がすごいほんとに。私達は柵の中からその様子を見ていたので、気分はサファリパーク(?)そんなヌー達を見送ると会場内は親子席と女性エリアだけに。何が始まるのかと思いきや、あれよあれよという間に荷物検査が始まって、あれよあれよという間に握手レーンに入れた、、、。

え。
優しさに戸惑う20歳。
親子と女性エリア優先して入れてくれるのめちゃくちゃありがたくないですか!?!?乃木坂運営がそんな優しい訳ない、騙されてるんじゃないかと一瞬思ったのですが、間違いではなく普通にとても優しかったありがたい!!!!初めて行く女の子は絶対女性エリア→握手会優先入場の流れで入った方がいい!!!これ、テストに出ますよ!!!!重要です!!!!!!

この予期せぬ制度のおかげで、2時間待って3秒お話を覚悟していた深川麻衣さんレーンだったのに、わずか20分足らずで深川麻衣さんとお話出来たのです。予想外!!!ラッキー!!!!!でも逆に早すぎて心の準備が整わず、Twitterで動揺しまくってた。


そう、太ももの内側つったんだよ痛かった。あと8人ぐらいの時につって1人悶絶してた。めちゃくちゃ変に力入ってたんでしょうね、なんてピュアなの。直前に意味分からないところをつるというアクシデントに見舞われながらもいよいよ人生初のアイドルとの接触、、!!荷物をかごに入れて、券をお姉さんに渡すと目の前には聖母が、、、!!!!!!



ぐっ、ぐぬぬ

なんていう微笑み、なんていう破壊力。あぁ、深川麻衣さんがすぐそこに居る!!!!!!


そしていよいよ、、、


手が、、、

触れ、、、た!!!!!!


うわー!!!!まいまい大好きだよ〜!!(半泣き)

「え〜♡♡♡ありがと〜!!!(くしゃ顔)」

まいまい、幸せになってね!!!(真剣)

「えっ(驚き)!!うっ(戸惑い)!!

が、がんばるよ!!!!!(めっちゃ笑顔)」

うん、ありがとう!!(涙目)






握手終了後、自分のカバンをそっと取り、中からタオルを引っ張り出して、顔に当てたまま会場奥のトイレへ。




そして号泣(迷惑)



女子トイレの1番奥でべーべー泣いてました。深川麻衣さんに触れてしまった事で、愛がこれまで以上に大きくなってしまった、それなのに私はもう今後一生深川麻衣さんと会話する事は出来ないんだなと思うと寂しくて寂しくて、どうしようもない事なのに涙が溢れ出て止まりませんでした。深川麻衣さんはちゃんと生きてた、ちゃんと笑ってた。現実に彼女は生きていた。あぁ、会いに行けるアイドルってめちゃくちゃ素敵だなとここで初めて思えたんですよ、ちゃんと人と会話してる!って。もちろん、私の宗派の「アイドルと一線を置く」っていう考え方が変わった訳ではないんですけど、でもメンバーによっては来た方が楽しめる事もあるんだなって思いました。伝えたい事が伝えられるっていうのも良いね。もちろん、必ず正しい方向に使って欲しいのだけど。私は本当に、深川麻衣さんには幸せになってほしいとずっとずっと願っているので、本人に伝えられて満足でした。でも言ってる時、自分の中で「あれ、深川さんって結婚するんだっけな」みたいな雰囲気になってちょっとおもしろかった。

あと、地味に驚いたのが、握手の仕方かな。行くまでは、政治家の選挙の時みたいな「どうか清き1票を」って言って握手するスタイル(右手と右手で握手して、お互い左手を添える)を想像してたんですよ。そしたらなんと、せっせっせーのよいよいよいを始める形なんですよわかります!?(分かりづらい)
自分の右手と相手の左手、相手の右手と自分の左手を繋げるんですよ!!!きゃ〜!!!!かわいい〜!アイドルが両手伸ばして笑顔でこっちに目線向けてくれる事が未来!!!!とても未来だと思った、しびれる。可愛い女の子とお話できる事はもちろんなんだけど、何より笑いかけてくれるあの一瞬がやばい。虚構と現実が入り乱れて脳が混乱する、でもそれが心地よい。


そして、トイレでずっと泣いてる訳にもいかず、目を真っ赤にしながら次は斉藤優里さん×松村沙友理さんレーンに向かったのです。いつまでも悲しんで訳にはいかない。アイドルは進み続ける!おいつけおいつけ!そのレーンに行こうと思ったのは私にとってお得すぎるメンバー2人だったからです。元々、全握券は2枚しかなくて、深川麻衣さんに両方捧げようと思っていました。だけど、レーンが発表されて見てみたらなんとも素敵すぎるレーンが、、!!!


こ、これは!!!!!!


行きたい(真顔)

と、すぐ思ってしまい深川麻衣さんの為に特例として握手解禁をしたのになぜか他のメンバーも行くっていう意志の弱さは誰も指摘しないでください。斉藤優里さんは最近とっても気になっていて、まず普通にお顔が可愛い。甘い顔なんだけど、甘すぎなくてちょっと大人っぽくて、ブログにあげる写真がいちいち可愛い。せっかくだから何枚かあげておきます。斉藤優里ちゃんだよ、よろしくねみんな。

f:id:hina3ta2:20160418235101j:image
私が射抜かれた1枚、いつ見てもかわゆい

f:id:hina3ta2:20160418235144j:image
このなんとも言えない表情、あぁ好き
(くずれ落ちていく音)(不可抗力)


そして松村沙友理さんは、前々から握手してみたいなと思っていたメンバーのうちの1人でした。キャッキャッしてて楽しそう!!!可愛い女の子が楽しそうにしてくれるだけで価値あると思いません!?あと、生田絵梨花さんとのユニット「からあげ姉妹」において、生田さんのお姉さんという設定(?)なので、やっぱり生田推しとしてはお姉様に挨拶した方がいいのではないかという変な義務感に後押しされ、会いに行く事に。

この2人についてはTwitterにレポをあげたのでそちらを。


やばくないですか、色々と。まずアイドルから名前を呼ばれる現実ですよ。ずっと脳裏に斉藤さんの声が焼き付いています、にやける。あのちょっと甘めな声で名前呼ばれたらもう嬉しい通り越して、むしろ幸せすぎて多分明日ぐらいに私の上にだけ大量の雪が降って滑って転んで死ぬんじゃないのって不安になりました。(生きてます)
それだけでも私はぶっ倒れそうなくらい衝撃を受けたんですけど、どうしてもやってほしくて図々しくもお願いしたんですよ「頭撫でてほしいな♡」って。すいませんほんと、私なんかがすいませんすいません。ビギナーズラックだと思って許してください、めちゃくちゃ幸せでした♡普段頭撫でられる事って無いですよね!?え!?無いですよね!?ある人は知らん!!タンスの角に毎日足の小指ぶつけろ!!!!(怨念)
アイドルが頭ぽんぽんしてくれる現実やばくないですか、革命。とりあえず握手行って、斉藤さんの好き度は絶賛上昇中です。日が経てば経つほど、思い出が凝縮されて好きになる。あっ、そうだ斉藤さんで思ったんですけど、握手会の良さとしてアイドルのサイズ感がリアルで分かるのもいいなと思いました。いいサイズ感。ちょこんってしてて可愛い。家に置きたい、一家に一台斉藤優里さんどうですか。
次の松村さんは、レポに書いた通り話す事が全部飛んじゃって!焦って焦って出た言葉が「おなかすいた!!!!!」だったんですよ。(なんで)だって本当にお腹ぺこぺこで、自然と出ちゃったんです。そしたら松村さんは、一瞬戸惑いすぎて真顔→思い付いたように満面の笑顔→からあげ提供♡という流れにいたりました。アイドルから唐揚げ貰える時代なんですよ知ってました??(違う)頭の回転早いな〜、すごい松村さん。こんな小娘が発した意味の分からない言葉に、全力でアイドルの松村さんとして返してくれた、嬉しい!!!!あの場における最良の選択をしてくるのはすごい、彼女にとっては何百人何千人の内の1人だけど、私にとってはたった1回の握手だから、そこで確実に正解を返してくれるのは純粋に嬉しいね。松村さん、大好きだよ〜!!!


と、いうことで合計3人のアイドルと握手を終えた所でお昼へ。私が持ってきた全握券はさっきも言ったように2枚だったので、終わった〜!と達成感で溢れていたら「お昼代出すからもう1枚全握券買え」という謎の交換条件を悪い大人達(?)に出され、ここまで来たらもう知らん(やけくそ)と思い、もう1枚買い足す事に。ノリと勢いだけで生きてます、こんにちは。しかしそこでめちゃくちゃ迷った。だってあの3人は何日も前から行く事を決意して、話す内容もめちゃくちゃ考えて(松村さんは予定変更したけど)、作戦立てたけど。どうしようどうしよう、迷う!!!!めちゃくちゃ迷うよ!!!!生田推しなのでいくちゃんに行くか。もう1回斉藤×松村レーンに行くか。迷った挙句、やっぱり乃木坂の入りは白石麻衣さんだし、白石さん行っちゃう!?え!?行っちゃう女神レーン!?ってなって白石レーンに並びました。(割と即決)そうです、私があのノリと勢いだけで生きてる人です、こんにちは。

白石レーンはね、、、長かったね、、、。道のりが果てしない、多分あの日私の中では間違いなく1番並んだメンバーだったよ。1時間以上並んでようやく順番がくる。5人前くらいになると毎回焦ってしまう。うわっ、どうしよう、どうしよう、え、え、ってめちゃくちゃパニック。大パニック。特にまいやんは並んでから1時間以上もあったくせに、女神に会う心の準備はまだ出来てなくて直前にやたら緊張した。

ドキドキしながらブースイン
あっ、まいやん!今日ね初めて握手会来たんだよ〜!(小声)
「え〜!そうなの??♡また来てねっ!!♡」
「うん♡」
「ありがとう〜!!!!」
「ありがとう泣」

どうですかこの普通すぎるレポは。凡ですね、凡。でもねぇ〜、女神だからね。美しさに飲み込まれもしますよそりゃ、、。おいおい、ほんとに同じ人間!?ってなって声も小さくなるって。ざわざわ森のがんこちゃんがセーラームーンに会ったみたいな事ですよ、ほら想像してみて。圧倒されるでしょうが!!美は凶器だからね。でも、そんな美の凶器と普通の会話出来るってすごくないですか!?(ポジティブすぎ)
いや、すごいよすごい。1番なんだろ、頭悪そうな書き方するんだったら芸能人と話してる感じがあった。おぉ、テレビの人だっ!って感じ。でも、1番強く手を握ってくれたのが印象的だったかな。他の3人はこう、ふわっとにぎってくれたんだけど、白石さんはギュッって握ってくれたから握手終わった後も余韻がすごくて、白石さんの感触がずっと手に残ってた(きもい)


ふぅ〜、以上が私の初めての握手会レポ です。(長い)全部読んでもらえたか分からないけど、まぁ全体的に楽しそうだなこいつって思ってもらえたら嬉しいです。だってそのとおり、私はとっても楽しかった!!!!!生田さんとの握手を頑なに拒否したのも、あの場では一瞬揺らいだけどやっぱりあの判断は正しかったと思います。うん、やっぱり生田さんには会えない。一線を超えない、超えたくないなと握手会を経験してより一層思うようになりました。遠くから眺めて拝みたい。あぁ、尊い。

今まで私の宗教はアイドル全員との接触を禁止していましたが、会いたい人には会った方がいいなと思えましたね。特に斉藤さん松村さんはまた行きたい!!!(チョロい)あと、今気になってるのは桜井さんかな、楽しそう。うん、私が今後握手会に行く行かないで重要視しそうなのは多分楽しさだと思う。誰かオススメの楽しい子居たら教えてください、前向きに検討します。(偉そう)




そしてアイドルというジャンルを楽しむってことにおいて、握手会というコンテンツが加わったのは、私にとってとても大きいです、歴史的瞬間と言っても過言ではない!だから、これからも私はまだまだアイドルが好きになる!予感!!まだ見ぬ世界にワクワクしてます。ロマンが詰まってるね!

最後に、今回私の「はじめてのあくしゅかい」を見守り優しくサポートしてくださったみなさんありがとうございました!!!!またきっと行くのでその時はよろしくお願いします。


おしまい!!!!!!